はらまちグリーン歯科クリニック

予防歯科Preventive dentistry

予防歯科Preventive dentistry

治療から予防へ

予防歯科

むし歯は治療する時代から、予防する時代へと移り変わっています。予防歯科とは、虫歯や歯周病に限らず、口の中のあらゆる所を検査します。

予防を続けることで、歯の残存数が増加し、将来入れ歯を使わなければいけなくなる可能性が減ります。また、検査だけでなく今後の生活での注意点や、その人にあった歯磨きの指導もいたします。

歯が痛くなってから歯医者に駆け込のではなく、普段からむし歯を予防するために検査を受けることが重要です。生涯、自分の歯で過ごすために定期的な検査を受けましょう。

むし歯の予防

むし歯は、むし歯菌が砂糖を利用する際にできる酸によって歯が溶かされること(脱灰)で起こります。 むし歯の予防には毎食後の歯磨きに加え、次のようなものが効果があります。

  • 定期的なPMTC(歯のクリーニング)による細菌とバイオフィルムの除去
  • 食生活(規則正しい食事、間食や就寝前の飲食・砂糖の摂取を控える)
  • フッ素(歯を丈夫にする)
  • キシリトール(むし歯菌の活動を抑える)
  • シーラント

むし歯は、細菌によって起こされる感染症ですから、本人だけでなく家族全体での予防が大切です。

バイオフィルム

バイオフィルム

バイオフィルムとは、細菌が歯の表面や歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に形成した、ネバネバ・ヌルヌルした膜のことです。このバイオフィルムの中に、むし歯や歯周病の原因になる細菌が住みつきます。

バイオフィルムは、歯ブラシでは簡単に取り除けないほどの強力な粘着力を持っています。 また、バイオフィルムがバリアになって、歯磨き粉やうがい薬などに含まれる薬剤も効果が発揮できません。

さらに、バイオフィルム内の細菌や毒素は、むし歯や歯周病以外の全身疾患とも関連があることが分かっています。
このバイオフィルムを定期的(3~4ヶ月ごと)に除去することで、むし歯や歯周病を予防し、他の全身疾患の危険性を減らすことができます。

たくさんの種類の細菌が集まったバイオフィルムは、デンタルリンスや抗菌剤を用いても、簡単に除去することができません。歯のクリーニングを定期的に行うことで、プラークもつきにくくなります。

プロフェッショナルケア(PMTC)

プロフェッショナルケア

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、専門的な機械を使った歯のクリーニングです。

専用の器具を使って、プラーク(歯垢)やバイオフィルム、その中にいる細菌を機械的に除去します。

定期的にPMTCを行うことで、口の中の細菌を減らし、むし歯や歯周病を予防することができます。

プラークの除去後には、専用のペーストを歯の表面に塗り、つるつるに仕上げます。

シーラント

シーラント

シーラントとは、生えたての乳歯や永久歯に、奥歯の噛み合せにある溝をプラスチックやセメントで埋めることで、事前に虫歯を予防する方法です。また、シーラントは、症状によっては保険治療で行うこともできます。

生えて間もない歯はきちんと掃除ができないため、毎日歯を磨いていたとしても、虫歯になってしまうことがあります。 特に、生えたての奥歯の永久歯は虫歯になりやすいため、早めに処置を行うと良いでしょう。

クリニック案内

診療科目
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科、審美歯科・ホワイトニング、歯周病、 インプラント
アクセス
〒162-0053 東京都新宿区原町3-23
シティプラザF・K 2F
はらまちグリーン歯科クリニックへのアクセス
アクセスの詳細を見る
診療時間
午前 9:00~13:00
午後 14:30~19:00
休診日:木曜、日曜、祝日
  • ・急患随時受付
  • ・各種保険を取り扱っております。
  • ・保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談申し上げます。

当院では、お待たせすることをできるだけ少なくするために予約制とさせて頂いております。
ご来院の前に、お電話にて症状とご都合をお聞かせください。

03-5273-0118